上田市,シュタイナー保育,こどもの園
上田市,シュタイナー保育,こどもの園
〒386-0407
長野県上田市長瀬2600-3
電話0268-43-3253
大屋駅より車で5分

こどもの園
上田市,シュタイナー保育,こどもの園

「赤ちゃんは、王様!」

2016/09/17

「赤ちゃんは、王様」


 ようやく、秋の空気にホット一息の近頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年の夏は暑かったですね。年々暑くなるのでしょうか・・・気温40度だと、もう体力の限界を感じますね。今年の夏は、いい川を見つけまして、川でよく泳いだ成果が出て、水泳教室でもみんなスイスイです。子ども達の能力には、本当に驚かされますね。


 昨日、おもしろい記事を見つけました。「赤ちゃんは、王様!」という題です。面白い記事だったので、紹介させていただきます。


 「赤ちゃんは、本当に自由ですね。[おなか空いた。ギャー][おむつかえろ。ギャー]

[抱っこしろ。ギャー](笑)

赤ちゃんは、こう思っています。世界は、自分のお世話をしてくれる為に存在している。自分で、自分のことを何もしなくても、周りが全てやってくれる。

そうなんです。赤ちゃんは、生まれながらの王様なんです。そして、生まれてから、王様状態が続くので、次のような信念が作られるのです。


[周りは、私を尊重して当然、周りは私を尊重すべきだ!]

[私は、守られて当然、私は守られるべきだ]

[私の要求は最優先されて当然、私の要求は最優先されるべきだ]


さらには、

[周りは、私を理解して当然、周りは私を理解するべきだ]{私のやることは全て受け入れられて当然、私のやることは全て受け入れられるべきだ}[私は、愛されて当然、私は愛されるべきだ]といったものも、作られます。


これらは、認知心理学のスキーマ(考えの枠組み)理論でいうところの、早期不適応スキーマと呼ばれます。この出来上がったスキーマにあわせて、物事を理解するのが人間なのですが、自分の作ったスキーマに当てはまらない出来事が起こると、イライラしたり、悲しくなったりするのです。結局、自分で作った決まり事で、自分を縛り、自分を苦しくしているのですね。多くの人は、これを自分の性格だと思っているのでしょうが、実は、殆どは、スキーマによって自動的に起きている反応に過ぎないのです。

~すべき、~して当然、というような[べき思考]のスキーマを持っていると、それに反した現実に遭遇すると、イライラ感が募り、感情のコントロールが難しくなります。

逆に、これらのスキーマを癒して、解放できれば、非常に軽やかに人生を歩むことができ、感情に左右されず、楽に自由に自分の人生を選択することが可能になります。」



 これは、人生のどの部分にも、共通する事項ですね。自由への教育であるシュタイナー教育は、まさに、この必要のないスキーマを取り除き、自由な楽しい自分の人生を歩めるようになるための教育なのです。自分勝手なスキーマは、こどものお荷物になるだけですね。

 紹介させていただいた文章は、佐藤文哉さんというスピリチュアルな方が書かれたものですが、まさに、シュタイナー教育だなーと思い、紹介させていただきました。シュタイ ナーの思想は、シュタイナーと名前がついてなくても、いたるところに存在します。

皆さんよくご存じのSMAPの「世界に1つだけの花」も、まさに、シュタイナー思想なんですよ。解散されるそうで、残念ですが・・・



 掲示板にも、掲示させていただいていますが、10月27日は、親子遠足です。子ども達との楽しい思い出づくりに、ぜひご参加ください!お待ちしております。(要予約)

9月26日からは、こどもの園ぱーと3も開園して、これから、一層子どもたちのために頑張っていきたいと思います!今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。


                          こどもの園 園長 田口 操